一般的な検討内容の例


用意されている内容の一部ですが、以下のような項目があります。

 

これらの中から、

 

生徒さんに必要な内容を取り上げます。

 

 

▶︎プランニング作業の構造を理解する

▶︎創作とビジネスの目的を深掘りする

▶︎自身の環境や特性を振り返る

 

 

▶︎生活基盤にそった創作活動とビジネス化のプロセスをつくる

 

 

▶︎明確な価値観のある目標を設定する

▶︎実行できる基本方針を立てる

▶︎出会えそうな人を顧客に想定する

 

 

▶︎創作テーマをつくる

▶︎商品としての価値を高める

▶︎顧客と自分に役に立つ商品構成を考える

▶︎自分にとって商品の品質とは何か考える

▶︎価格は何を基準に設定するか考える

 

 

▶︎どのように買ってもらうか、販売の仕方を考える

▶︎ショップの目的を考えてショップの方針を設定する

▶︎コミュニケーションの流れを設計する

▶︎Webを活用する目的を明確にする

 

 

▶︎商品力を高めるスケジュール管理を行う

▶︎実際に役に立つネットワークをつくる

▶︎現実に使えるように数字の管理を行う

 

 

▶︎サービス業の特性を理解してビジネス化する

▶︎「雑貨とは何か」の理解の仕方が商品とサービスのセンスを決める

▶︎個人ブランドの確立を目指す